選手ブログ(7/18リーグ戦振り返り)


#14

今日の県リーグ最終節を勝って終われなかったことがとても悔しかったです。

まず前半の失点はいつもどうりのコーナーキックからの失点でした。しかし、その後に顔を下げることなくすぐに同点にしました。そこまでは、今までと違い失点したあとにズルズル下がることはありませんでした。しかし、後半に入るとビルドアップのところでミスがありそれが失点につながってしまいました。そのあと、2失点し1:4で敗戦となってしまいました。

言い訳を探すと、怪我から復帰してからグラウンドでのトレーニングには3回程しか参加できていなかったり、体が重かったり、今年のリーグ戦の中では1番コンディションが悪かったと思います。また自分が自信のあるロングキックが思ったところに飛ばなかったり、縦に仕掛けるということも無かったです。試合に対する準備は念入りに行ったつもりでした。

・6時には起きてしっかりとご飯を食べる。

・音楽を聴いて集中力を高める。

・水分をしっかりとる。

・ストレッチをする。

自分が試合で100%の状態で挑める準備はしました。しかし、始まってみると60%程の状態でした。また、

その60%をやりきったか?

と聞かれたら答えはNOです。

守備は一生懸命やりました。しかし、攻撃では前に出ていく力が少しあったのに関わらず

後ろから攻撃を眺めてしまいました。自分が上がっていればチャンスになったかもしれないシーンで足が動きませんでした。いつもなら意地でも走ろうとするのに、今日はそうではありませんでした。今日の1番の僕の反省点です。

またチームとしても、

シュートが入らない

ミドルサードでパス交換ができない

3人目で崩せない

など、ずっとこのリーグ戦期間で感じていた課題がほとんど修正出来ていませんでした。

今回のリーグ戦はとても学びが多かったです。個人としてはボールをもっと操れるようになること。チームとしては相手に合わせたサッカーをするのではなく自分たちのサッカーというものを確立させて相手を支配することが必要だなと思いました。

ボールを大事にする。

よくコーチ達から聞く言葉ですが、この

「ボールを大事にする」

方法がみんなの中で統一されていないことが試合中に意思が統一できない原因のひとつなのかなと思いました。僕はボールを失わないことがボールを大事にすることだと思います。しかし、中にはドリブルでキープすることがボールを大事にすることだと思う人もいると思います。ここをみんなの中で統一し、その統一したやり方をトレーニングの中で擦り合わせて行うことでもう一個階段を登れると思いました。

2ヶ月後程には高円宮杯があります。そこに向けて最大限の努力をチームとしても個人としても積み重ね、必ず勝利します。

セカンドステージは優勝しましょう。




#7

今日の公式戦で出来なかったことが2つあって1つ目は、ボールを蹴る時に上手く当たらなかった事です。今振り返ると気づいたことがあって、アップの時にいつもよりロングボールなどを蹴る回数が少なかったことです。僕は周りのみんなよりも多い本数蹴らないといけないと思ったので、友達を誰か捕まえて一緒に蹴ってもらいます。2つ目は、後半の最後の方から全然ボールを受けられなかったことです。試合開始から終了まで、沢山ボールを受けられる試合ではなかったのですが、後半の最後の方になると急にボールを受けられなくなりました。それは今考えると、疲れとりょうすけに頼ってしまったことです。それと、チーム全体で言うとワンタッチの横パスやバックパスが減ってきて、相手の背後や門を開けることが出来なくなってしまっていたことです。途中で気づいてみんなに発信して、少しワンタッチプレイが増えてきたのですが僕も含め前線の選手が、参加出来ていなかったです。そこは、試合中に気づけませんでした。それぞれの考えていることが違っていて、ボールが繋がっていなかったので練習で話し合ってチーム全体で修正していきます。

まとめると、みんなよりもアップの時にロングボールを多く蹴ります。それと、りょうすけだけに頼らず門に顔を出してボールを受ける。練習で攻撃の考えを合わせることです。


#10

今日の試合では、前半では、押される場面もあったけど攻めれる場面も沢山あってチャンスを作ることができました。しかしそこで決めきれなかったのが敗因だったと思います。実際にセットプレーから得点を取ることができました。ディフェンス面でも上手かった8番に体で負けなかったり、ボールを取り返すことができました。今日感じた課題としては、ボールを奪った後のポジティブトランジションがグダグダだだったことだと思います。とってもパスが通らなかったり、ミスをしてしまったり、体力的にも前半からきつかったです。その中でもチームへの声かけや、誰がプレスに行くのか、センターバックの文人への声かけをすることができたので、チームの勝利のためには、全力投球できたと思っています。後半に入ると、だいぶ走れなくなっていて、3点目くらいの失点では、体をはれていなくて、後一歩出せば止めれるシーンを逃してしまいました。それが今日1番の心残りです。練習の時に後一周多く走ったり、最後走りきっていればあのシーンは止めれたと思います。その前までは体を張ったディフェンスでだいぶ相手からボールを奪えたと思います。その勢いでこれは取れるなと、油断を見せてしまったシーンがあったので、これからはどの場面でも油断を見せずに最後まで戦い続ける事を意識していきます。正直3点目が入ってから、諦めてしまう気持ちがありました。あー終わったと心の中で思うのが自分の弱いところです。そこを改善するためにも今後の練習から自信を持って、自分が1番上手いと思ってやっていきます。

#20

今回の試合は今までやった試合の中で、一番悔しい敗戦でした。

何故かと言うと、自分がやりたいプレイが出来なかった事と自分が試合をコントロール出来なかったからです。


自分は前半サイドで出場しました。自分はサイドでボールを持った時は積極的に仕掛けようと意識していました。しかし今回の試合はそれが出来なかったです。あまり高い位置でボールを受ける事が出来なかったから、仕掛けることが出来なかったと思いました。もっと高い位置でボールを受ける為には、自分が高い位置をとらないといけないと感じました。

後半は中盤で出場しました。前半の最後の方と後半の最初の方は、チームとしてはロングボールしか蹴っていませんでした。自分は中盤で積極的にボールを受けて、ボールを大切に繋いで行こうとしました。そうしたらロングボールが少しずつ少なくなっていきました。また相手を押し込む時間と自分達がボールを保持する時間が、圧倒的に増えました。また中盤での自分の課題も見つかりました。それはセカンドボールの回収。今回の試合ロングボールが多かった分、相手がヘディングしたボールを拾えるかが、今回の試合は重要でした。自分は一回もセカンドボールを拾う事が出来ませんでした。それは予測出来ていなかったからだと思います。

次の練習からは、セカンドボールの予測を意識的しようと思いました。

また今回の試合は無意識に首を振ることが出来ていて、相手がどこにいるかがわかりました。それは続けて行こうと思いました。


今回の試合はとても悔しい敗戦でした。また自分たちがやろうと、している事を相手にやられてしまって、自分たちはいつものサッカーではなく、ロングボールを蹴るサッカーになってしまいました。

それを自分は気付いてボールを大切にしようと言いましたが、みんなロングボールばっかり蹴ってしまいました。それは前半最後の方と後半の最初の方に、中盤の選手のレシーバーがいなかったから、ロングボールばかり蹴ってしまったのでは無いかと、思います。

でもロングボールを蹴る事が悪いことではないのです。今日の試合はFWの選手の裏のスペースをつくるワンタッチパスが無いまま蹴っていたので、相手としては恐くなかったと思います。次回の練習から相手の裏を作るワンタッチを有効活用したいと思いました。


今回の試合は自分としてもチームとしても、成長出来る試合でした。その中で負けた事はとても悔しかったです。

その負けを忘れずにもし次OSAと試合がある時は絶対に勝ちたいです。

またこの気持ちを練習にぶつけてもっと上手くなって、自分は積極的にボールを受けて、自分がチームのリズムと、試合をコントロール出来るようにします。

サイドでももっと高い位置でボールを受けて、積極的に仕掛けるようにする。

今回の反省を次の練習から意識して取り組みます。

今回のリーグ戦は3部に上がる事は出来ませんでしたが、後期のリーグ戦で今回のリーグ戦よりも勝って、3部に上がりたいです。

#23

僕が今回のリーグ戦を通して、言い訳の中で改善点があると感じたことは現時点で二つあしました。

一つ目の言い訳は、相手のキープ力が高かったことで、対策するためには自分の体を利用することが必要だと感じました。具体的には相手に対して低くプレッシャーをかけ、懐に入ることを意識することと、ボールの移動中から強度の高いプレッシャーをかける為の準備をしておくことです。

二つ目に、相手選手のスピードが自分よりも速かったことです。対策するためには、ポジショニングを常に考えてプレーする必要があると思いました。とくにスピードの差が影響したと感じたのは相手が裏へのボールを蹴ってきたときで、シュートを打たれてしまったシーンが何度かありました。なるべく内側にいることを原則としていこうと思います。また、具体的にどこにいれば良いのかは、練習で試してみたり、たくみや咲のプレーを観察したりして改善していこうと思いました。

そして、言い訳すら出てこなかったのは、声が出せなかったことです。原因は明確で自信が無いからだと思います。今まで色々な方が「自信を持て!」と言ってくれました。でも、なかなか自信が持てません。僕はこれから、まずはこれを改善できるようにしていきたいと思います。具体的には周りに言われて出来ないのだから、自分でなんとかするしかないと思いました。

自分が納得するまで、微調整したり、本番を意識して行動することをサッカーだけでなく生活や勉強のテーマとして掲げていきます。




#1

自分は今日のリーグ戦を通してまずは言い訳を2つほど考えてみました。

一つは、シュートに手が届かなかった。

二つ目は、相手が近くて少し怖かった。

言い訳の中を掘り探って見ると、一つ目は、自分が良い準備をしていないからでは?と言う自分のいけなかった事が出てきました。相手の様子をしっかり見てシュートモーションに入ったらプレジャンをしたり、横パス、クロスなら、体の向きを変えたり、練習から意識できる事なので高円に向けて"良い準備"をしたいです。二つ目は、普段から意識してプレーしてないから怖いのは当たり前。と言う悪い所が出てきました。先日、フロントダイブを詳しく教えてもらったのですが、以前はあまりフロントダイブを、やっておらず、あまり身についていませんでした。これも練習から意識すれば出来るあまり難しいプレーじゃないので日頃から積極的にプレーしたいです。

136回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

選手ブログ(5/16 U15リーグ振り返り)

◆U-15 #1 自分が今回のリーグ戦で良かったことは 3つあり、1つ目は、枠外のシュートに反応して、跳べたことです。自分は、前に練習試合で入らなそうなボールを見逃してそれが入ってしまった事があって、そこから枠外のシュートに跳ぶようには意識しました。だいぶ身体に染み付いてきたので良かったです。 2つ目は、ビルドアップを恐れず出来るようになってきた事です。自分がボールを持った時に、サイドに広がったバ

選手ブログ(達成感を持てたところ)

テーマ: スプリングキャンプ〜5月5日(水)U-15リーグで達成感を持てたところ ◆U-15 #1 リーグ戦を振り返って、良かった事と改善しないといけない事がありました。 まずは良かった事は、ハイボールや、手前に来たボールを取るときに、Okの声が出た事です。最近は自分に少しずつ自信が付いてきて、指示が間違ってもあまり気にしなくなりました。なので、自分の中でどんどん声を出そうという意識がついてきたの

選手ブログ【4/24(土)こどもプラスサッカー教室振り返り】

◆ブログ【こどもプラスサッカー教室2021/04/24振り返り】 ①アプローチがヒットして思ったこと(嬉しかったこと)※ヒットがなかった選手は周囲の上手な仲間を見て思ったこと ②アプローチが空振り困ったこと(プラス次の機会で挑戦したいこと) ③今日感じたことや学んだことがどのようにしてサッカーのピッチで活かせるだろうか? ◆U-15 #10 自分たちのグループは基本的にみんな話が聞けていて、スムー