【6月2日(日)】キッズ大陸サッカー大会

◾️U13#14

今回、審判をやらせてもらって感じたことは、2つあります。

1つ目は、小さい子たちへの接し方です。口だけだと中々理解するのが難しく、勝手な行動をしたりしてしまって大変でした。なので、2試合目からは、小さい子たちと一緒にすることを意識しました。例えば、ハーフェーラインまで下がる時に、「ぼくのとこまで来て〜」と声をかけながら自分もそこまで移動するなどです。すると、みんな付いてきてくれるようになりました。まずは、小さい子たちに1つ1つの動きを楽しませてあげることでスムーズに行きました。

2つ目は、全力でサッカーを楽しんでいたことです。どんなに負けていても声が絶えず頑張っていました。声かけが正しいとかではなく間違ってもいいから声をかける。仲間を鼓舞する。そう言ったことがキッズ大陸の子たちはできていました。それに対して、僕たち一年生は特に、試合の時に声を出さずにいるため仲間も困ってしまいます。まずは、間違ってもいいから声をかける、出す、を意識します。

13回の閲覧1件のコメント