【6月2日(日)】キッズ大陸サッカー大会

◾U-13#7

僕は家を出る前にかなり心配していました。

長い間電車に乗っている間にチームの1年生が安心させてくれました、僕はその時に仲間の大切さを知りました。

グラウンドに着くとあまり喋ったことの無い幼稚園児がいっぱいいて驚きました。

試合が始まり主審の僕はあまり声をかけられませんでしたそんな中蒼空がすごく声を出していて自分もやらなきゃ、と思いました。

最後の方になると慣れてきて声をかけられるようになりました。

今回の審判で声の大きさと言葉使いを工夫するということを学びました。

20回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

選手ブログ【4/24(土)こどもプラスサッカー教室振り返り】

◆ブログ【こどもプラスサッカー教室2021/04/24振り返り】 ①アプローチがヒットして思ったこと(嬉しかったこと)※ヒットがなかった選手は周囲の上手な仲間を見て思ったこと ②アプローチが空振り困ったこと(プラス次の機会で挑戦したいこと) ③今日感じたことや学んだことがどのようにしてサッカーのピッチで活かせるだろうか? ◆U-15 #10 自分たちのグループは基本的にみんな話が聞けていて、スムー

選手振り返り(4/18 U15リーグ)

【3年生】 #10 今回途中交代をして1回考える時間がありました。その時は何が原因なのか、なんで交代させられたのか分かりませんでした。ベンチで少し時間が経ってからプラスの声掛けややりきるということが出来ていなかったと気がついて、また出場した時にそこが改善できていたので良かったです。 #7 今日のU15リーグで成功していいイメージが残っていることは、相手のコーナーキックを1度だけキャッチできた事です

選手ブログ(4/10TMにてゲームキャプテンが抜けて感じたこと、実行したこと)

#10 ゲームキャプテンのサクが抜けてから感じたことは、チームの締まりがなかったと言うことです。サクがいないと締まらないということは、これからリーグ戦やクラブユースでサクが怪我などで退場してしまった時に、まとまらなくなるということです。そうなるとチームもいい方向にいかず敗北してしまいます。今日自分がやるべき行動だった事は、グラウンド全体に聞こえるくらいの大きさの声出しです。周りの人には伝わったかも