【6月2日(日)】キッズ大陸サッカー大会

◾︎U-14#8

まず今日のサッカー大会で自分は開会式で、言葉を言う役割がありました。その中で、自分が話す直前まで、幼稚園児に向かって話すのか、保護者に向かって話すのか、どのタイミングで出れば良いかなどが、わかっていませんでした。しかし、どの状況になっても対応できるように、幼稚園児に話すことと、保護者に対して話すことを考えてありました。結果、保護者に話す内容を話して、うまく役割を果たすことができました。ここから、自分はAFCに入団した時から比べると、対応力がついてきていると思いました。

そして、もう一つ気がついたことがあります。それは、小さい子への接し方です。初めは、幼稚園児たちにうまく接することができず、あまり言う事を聞いてくれていませんでした。しかしキッズ大陸の人や、小熊コーチに「小さい子の目線に立って話すといいよ」などのアドバイスをもらうと、だんだんと小さい子たちを誘導できるようになってきました。この経験は今後にも役に立つとても良い経験だったと思うので、教えてもらったことを忘れずにしていきたいと思います。

23回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

サマーナイトウォーク2020

8/13-14で行ったサマーナイトウォークの選手達による感想文です。 U-15 #8 ナイトウォークが教えてくれた事 私が、今回のナイトウォークを振り返って1番最初に感じた事は、楽しかったという思いでした。 私は、今回が2回目のナイトウォークで前回は、楽しい部分もあったけれど最後は、辛かったや、足が痛いなどネガティブなことが1番印象に残った事でした。しかし、今回は、楽しかったということが1番の感想

【4月4日(土)】紅白戦

◾️uー15#8 昨日の紅白戦で自分は、センターバックのポジションでプレーしていました。その中でいくつか、感じたことがありました。 まず、自分が守備をしていて、相手の攻撃で、嫌だったことが、相手の中盤の選手が、2列目から上がってきて、裏へ抜け出す動きをしてくることでした。自分のチームのセンターバックは2人で、相手のチームのフォワードも2人だったので、マンツーマンでマークについていました。その中で、

【2/22(土)~2/24(月)】冬キャンプ

U-15,#9 今回の合宿では、チームとしては個人の強みや良さを見つけて、それを活かしていくということをテーマにしていました。そんな中で、自分は高校生になったときに自分よりでかくて速い選手たちに対抗できるような自分の強みを見つけていくことを目標にして三日間取り組みました。最終日のトレーニングマッチでは、同い年や一個下のでかくて速い選手が相手にいたので、自分の強みと、これからの課題が見え