【3月30日~3月31日 (土・日) 】 ナイトウォーク

U-15 #17

今年のナイトウォークは、去年と比べ多少ですが、天候が良くありませんでした。今年のナイトウォークは、三つのグループに分かれその内の二番目に、出発するグループのリーダーになりました。出発する前、グループ内の目標として、ノーリタイヤという目標を立てました。自分は、リーダーとしての目標を一つ立てました。今回のグループは、初参加の選手が多く六年生もいたため、視野を広く持ちグループ全体のサポートをするという目標を立てました。

今回のナイトウォークを終えて、振り返りをすると、大きな問が一つあります。それは、

【リーダーとしてどうだったか?】

という問です。今回のグループ内の目標であるノーリタイヤは、見事達成することができました。しかし、グループの目標は達成出来ましたが、果たして自分は、リーダーとしてどうだったか?という問をプラスとマイナスの面で、考えました。

まず、プラス面は、全体への視野の確保や、回りへの配慮を怠らず、初参加の選手のサポートはしっかりできたが、プラス面です。プラス面は、練習や試合の時に、回りの選手へのコーチングや視野の確保という二つのことが、自分の癖として身に付いて来ていると思います。

次に、マイナス面は、道を間違えてしまったり、前半の歩くスピードは、ゆっくりしていたが、後半の歩くスピードは、だんだんペースが上がってしまい、休憩の回数が激減してしまった。海沿いになった時のグループ内へのサポートが、少し出来ていなかったです。

マイナス面を振り返って見ると、例えば、海沿いの時のサポートの場合は、グループ全体体力が限界に近くなってきた時にグループを、盛り上げてくれたのは、新高校一年生でした。この海沿いの出来事は、サッカーの試合の時に起きることです。例えば、試合の後半で失点しまった時や体力が限界の時、声が減ると思います。ですが、こういった辛い時こそ、声を掛け合いチーム全体のムードを、上げるという点に繋がっています。他の課題も、練習や試合にも影響が有るものがマイナス面で、見つかったことはナイトウォークの中でも良い収穫だと思いました。

0回の閲覧