【⠀8月25日 (日)富士登山】

◼️u13#14

僕はこの富士登山を通して思ったことは3つあります。

1つ目は、何事もなめてはいけないということです。僕は、服装が薄着すぎた事に後悔しています。お母さんに「これで大丈夫!」と言われて、たりないんじゃないかと思ったのに、なにもしなかったのは良くなかったなと思いました。それと、富士登山はもっと楽勝だと思っていました。しかし現実は寒くて、きつくて、頂上までの900メートルはなにも考えられませんでした。次は、万全の準備と心構えで挑みたいと思います。

2つ目は、お互いに励まし合うことの大切さです。なぜかというと、辛い時間帯に「頑張ろう!」など声を掛け合うことで気持ち的にも楽になるし、そのような声掛けはサッカーの時にもするべきだなと思いました。

3つ目は、この富士登山は「死」という言葉の重みと、身近さがわかりました。登頂から下山までなんとなくで歩みを進めていましたが、落石による事故があり、もっと周りを見ながら歩かないとと思いました。今回、僕たちに怪我などはありませんでしたが、富士登山に限らず、日々の活動での自転車移動などにも命の危険はあるということを自覚しないといけないなとしみじみ思いました。

なにはともあれ、怪我なくご来光が観れてよかったです。


0回の閲覧